×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

       

     2007.2.7                                                          

テーゲル空港からバスにて、ベルリン中央駅に到着
Sバーンでツォー駅に移動して、100番、200番のバスで市内観光。
好天に恵まれた。次の日朝は、一面の雪景色でした

ベルリン中央駅  BerlinHauptBahnhof

2006年5月末に開業のベルリンの新しい顔
地下4層のターミナル駅



ベルリン大聖堂 Berlin Dom




カイザー・ウィルヘルム記念教会 
Kaiser Wilhelm Gedaechtnis Kirhe


←左は外観  戦争の傷跡をそのまま保存
↑上は新教会内部



ブランデンブルグ門
Brandenburger Tor




ユダヤ人犠牲者記念館

地下に展示室があり、犠牲者の名前を読み上げている。
一回終わるのには、6年週ヶ月かかるという。
犠牲者の多さを物語る数字である


ベルリンの壁


保存されている壁は少なくなったが
ここには200mほどの壁が保存してある
この裏側はナチス関連の展示がある
右は裏側からの写真 →




トポグラフィー・オブ・テラー
Topography of Terror


第二次世界大戦中、ナチスによる拷問が行われた場所
終戦の16年後壁が築かれた
200mほどの壁が保存されている




雪の朝  ヴィンデンダマー橋より



ライプチヒへ移動の車窓から